走行距離12万km超え!旧式・過走行のスズキ・アルトラパンを
車買取店で査定してもらった時の体験記

ホーム >> 車買取査定体験レポート >> ガリバーで買取査定

ガリバーで買取査定

次は、ネット上ではかなり評判の悪い「ガリバー」に査定をお願いしました。

ガリバーは他の買取店と同じようにお客から買い取った車をオークションに流していますが、自社販売もしています。ドルフィネットというシステムで、全国のガリバー在庫をどの店舗からでも希望の車を取り寄せることができるので、この分の利益をお客さんに還元できるので、他のオークションを使った買取店よりは高く買い取ることができるということらしい。

さっそく、店員に鍵と車検証を渡し、査定してもらう。その間、担当者がガリバーの説明を始めます。しかし、この担当者が酷かった。初対面から馴れ馴れしい態度とつまらないギャグを浴びせまくる。

しかし、何かおかしい。「この後車を売ったら次の車が来るまでどうするの?」という話で進めてくるので、「よく考えて決めたいので、今この場で決めてしまうことはないですよ。」と言うと、「え?今なら10万円って言っても売らないんですか?」「勿体ないですよ、損ですよ!それ普通じゃないですよ!」とすぐ契約に迫る話ばかり。

まだ査定も出てないのにですよ?最初のラビットで10万円即OKが出なかったというのがあるので、おそらくここも同じだろうと思い慎重に対応してみたんですが、最終的には店員に「そもそも、10万キロ走った車買いますか?そんなの5万円も出せないですよ。」と言われる始末。やっぱり、10万円なんて出す気なかったな。

結局、査定結果も出さずに追い出されました。本当に査定してたのだろうか…?まぁ、評判通りのお店でした。おそらく、テレビCMで有名なガリバーだから大丈夫と思い込むリテラシーの低い客だけを相手にして、相場とかけ離れた金額で買い取る手法で利益を出してるのではないでしょうかね。

■スポンサードリンク