走行距離12万km超え!旧式・過走行のスズキ・アルトラパンを
車買取店で査定してもらった時の体験記

ホーム >> 車買取査定体験レポート >> ディーラーで買取査定

ディーラーで買取査定

今回、ラパンを売るきっかけになったのは新車への乗り換えです。
購入する車は、ホンダの「N Box」と決まっていたので、ホンダディーラーに行きました。まずは新車購入の事は伝えずに、買取とだけ伝えて査定をお願いしてみました。

しかし結果は、"0円"

10万km超えの軽自動車には値段は付けられないとの事。
ディーラーは、人気や相場を考慮しての査定は行わず、基準に沿って「年式・グレード・走行距離」から査定するだけになるので、10年前の年式で12万kmの走行距離では、こんなもんですね。

普通自動車ならまだしも、軽自動車で10万km超えてたら、店頭に出してもなかなか売れないですし。ただ、事前にチェックしておいた相場価格と差がありすぎです。
※事前に相場価格をチェック!

そこで、「N Boxの購入を検討している」と伝えると、「下取りなら、3万円で引き取ります」との事。それでも微妙ですが、ひとまず「他の店舗も回ってきます」ということで、退店しました。

スズキのディーラに持ち込めば、"0円"ということはないでしょうが、下取りではないですから、ホンダのディーラーと比べても大きく差は出ないでしょう。

ということで、次は買取センターに持って行きました。

■スポンサードリンク